個人輸入と商業輸入の違い、関税

個人輸入と商業輸入の違い、関税


個人輸入

個人輸入とは、個人が自ら使用する目的で海外から商品を購入し、日本まで配送することです。この場合、商品代金と送料の合計が10,000円を超えなければ基本的に免税となります。

ただし、酒税およびたばこ税・たばこ特別消費税は免税の対象外です。


個人輸入での課税額は以下の式によって算出されます。


課税額=課税対象額(商品代金+送料)×60×関税率

※60%は個人輸入に対する軽減措置です


ご参考:税関Japan Custom 少額輸入貨物の簡易税率


商業輸入

商業輸入とは、第三者に販売する目的で海外から商品を購入し、日本まで配送することです。

商品を仕入れて、通販サイトや店舗で販売する場合は、この商業輸入に該当します。

商業輸入は原則すべての品目に関税が課されることとなり、以下の式で算出されます。


課税額=課税対象額(商品代金+送料)×関税率


関税率は、商品の種類、同じ製品の中で成分の違いによっても異なるなど、非常に細かく規定されています。最終的な課税額は配達業者の請求書に記載されているので、基本的に自分で計算することはありませんが、場合によっては品目が少しずれるだけで税率が大きく変わるケースもありますので、下記リンクからお客様がよく取り扱う商品について、予め確認しておくと良いでしょう。


ご参考:税関Japan Custom 実行関税率表(201941日版)


また、課された関税に対して疑義がある場合は、下記各税関へお問い合わせください。